• アイコン「匿名」
    優斗

    逃げたい。本当に逃げたい。でも逃げれない。苦しい。

  • アイコン「匿名」
    きり(ああ、)

    優斗さんかな、やっぱそうだよな、逃げたいよな。

  • アイコン「匿名」
    優斗

    俺に関わったら死ぬかもしれないけどね、、。

  • アイコン「匿名」
    優斗

    俺も助けてほしい。誰か連れだして。

  • アイコン「匿名」
    きり(ああ、)

    誰か俺を連れ出して、手を取って一緒に逃げて欲しい。行くあても無く、ただひたすらに大人や、親や、理不尽な世界から2人で逃げて、逃げて逃げて、そして2人で死ぬんだ。

  • アイコン「匿名」
    きり(ああ、)

    親がまた居なくなってくれた。一生この時間が続けばいいのに

  • アイコン「匿名」
    優斗

    なんで俺をいじめてる奴は死ななくて、俺を守ってくれた奴が死ぬんだよ。この世の中おかしいだろ、、。まぁ全部俺のせいか、、。

  • アイコン「匿名」
    ああ

    もろとも地球ごと滅亡してくれないかな

  • アイコン「匿名」
    きり(ああ、)

    定期的に家に誰もいなくなるからその隙を付いて見つけたスマホ電源付けてはここにインしてる、なんでかな、すごい居心地がいいんだ。

  • アイコン「匿名」
    ああ

    面接や試験合わせて5つぐらい落ちた。 自分に何か問題があるのかな、必死に生きてるのに

  • アイコン「匿名」
    優斗

    もう諦めた。俺が悩みを打ち明けた友人全員死んだから。俺、死んだ方がいいね

  • アイコン「匿名」
    ゲドンコ星人

    めっちゃわかります。 私も私を中心に友達みんないじめられてきたので。 まだ私は軽い方で、転校、引っ越しとかで済んで(?)ますが、自分が悪い。自分のせいだって気持ちは一度生まれると消えないんですよね。 でも、あなたのせいじゃないと思いますよ。上手く言えないけれど、私たちたった一人にそんな運命を変える力は無いんですから。 だから自分を許して、少しでもご自愛ください。

  • アイコン「匿名」
    優斗

    俺が誰にも迷惑をかけなくなったら友達と家出したいな。ネッ友でもいいけど。

  • アイコン「匿名」

    誰か一緒に家出しよ

  • アイコン「匿名」
    優斗

    なんでこうなるんだよ。我慢してきたことの1割にもならない苦しみを友達に打ち明けた。一週間後にそいつは事故で死んだ。こんな俺のことを認めて、愛してくれる彼女も病気で死んだ。なんで。なんで。大事な友達とか彼女が死ぬたびに後悔する。どうせなら悩みを全部誰かに打ち明けて、死ぬのが俺だったらいいのに。あと、俺のことを苦しめてきた全員後悔したらいいのに。

  • アイコン「匿名」
    優斗

    いつまで我慢すればいいんだよ、。もう我慢できねぇよ、。苦しい。こんな俺でも頼ってくれる奴がいたのが驚きだよなぁ。いじめられてる俺を庇ってそいつがいじめられて一人で苦しんで俺に相談せずに死んだ。なんでだろ。俺にかかわる奴全員死んでいくよ。彼女も、大事な友達も。なんでいじめる奴は死なないんだよ。俺を殴る家族もなんで死なないんだよ。お前らが死んで、俺の彼女と大事な友達を返してくれよ。自己中心的なのはわかってるよ。でも願わずにはいられないよ。

  • アイコン「匿名」
    ゲドンコ星人

    私役者になれるかも。 大丈夫な振り、笑顔の演技とか得意だから。

  • アイコン「匿名」
    ららら

    もう終わりにしたい もう終わり死にたい

  • アイコン「匿名」
    エビ沢山

    弟の傍若無人さに呆れる。人の携帯に汁こぼすし謝りもしないし通話するのは勝手だけどうるさくて近所迷惑だし物に当たるし、友達と一緒に自分の悪口言うし、こんなものなのかなとは思ってもやっぱりイライラする。消えてくれ

  • アイコン「匿名」
    ららら

    当たり前に親がご飯を食べさせてくれて当たり前に買ってくれて当たり前に父親と母親がいるのが家庭とか言ってる人っていいよね「親ガチャとか言うな」とか言っておきながら虐待死が起きると知らぬふりそして、「日本に生まれただけで幸せ」とか的はずれなことをいうなぜ人をいじめても罪にならないのに復習したら罪になるの、なぜ性被害はタブー視されるのそれって現実から目を背けてるだけじゃないの

非表示機能について

gedokunは「みんなでつくる居場所」です。 「見たくないな」という投稿には、非表示ボタン(目のアイコン)を押すと、あなたには表示されなくなります。非表示が多く溜まりすぎたものはサイトから消えるかもしれません。