• アイコン「匿名」
    匿名

    私の兄は、頭が良くて、運動も何でも出来る私は、頭は悪くて、運動も出来なくて出来たとしても美術だけ。 それと、兄と私の父親は違う、兄の方の父親とは母親が離婚した。 その兄の方の父親は今、会社の社長 とても良い人だったみたい、だから今も 母親は兄の方の父親と三人で出掛けたりしている。 そして私の実の父親は、とても性格が悪く、 暴力などを振るう。だから 私は少し機嫌が悪いだけで家族に「○○(兄)と全然違うは」など色々差別される。 そして、母親にこの前、「ねぇ私さ歌手、俳優、声優と演技力楽しめる職業やりたいんだよね」って言ったんです。正直、将来の夢は 恥ずかしくて誰にも言えなかったんです。 学校のプリントにも笑われそうで怖くて でも勇気を振り絞って母親に言ったのに、 なのにこう言われました。 「はぁ、現実見てないね。貧乏になっちゃうね。まぁ良いんじゃない。夢持つことは悪くないから」って言われた。 その時私は、何かを声に出したかったけど その時には、目から涙が零れそうで、 泣いてることがバレたくないから喋れなかった。 学校では、いじめが酷くて、この前、 お気に入りの靴を刃物で傷をつけられた。 これくらい普通の事なのかな。 ここにいたら共感してくれる人いて 多分人生の中で一番、楽になれる方法だと思う。

  • アイコン「匿名」
    匿名

    あぁ夜が一番落ち着く、ずっと空を眺めていたいなぁ... ホント、この世界は厳しいなぁ... 親からのプレッシャーが重すぎるし、 家庭環境複雑だし。

  • アイコン「匿名」

    匿名さん、分かります。つらいですよね。

  • アイコン「匿名」

    自分って誰何だろう。って思うときあるよね。

  • アイコン「匿名」
    匿名さん

    親と子にも価値観のズレはあるのに、分かり合えないよね。親のせいで。

  • アイコン「匿名」

    私は呪い呪われた未来を歩むんだっていつも思ってる。 この場で身を寄せ合っている皆さんに応援メッセージを書いてるの、私です。 笑う顔ってどうやって作るんだったけ?どうやって泣くんだろう。こんなことを毎日考えていました。 仕事も毎日一番早く来て一番遅くまで働いているし、仕事人没頭するために単身赴任的な生活を送っています。 世の中にはもっとひどいことをされている人たちがいると悟り、我慢の生活を送っていました。 そんな時にgedokun にであい、みんなへメッセージを書いて、エールや共感してもらえると少しずつ 勇気が湧いてきました。未来への希望が見えてきました。 思い切って転職し、自分の長所を生かした仕事に取り組もうとしています。 だから、全国の皆さん、つらいことも悲しいことも我慢しないでください。 私は自殺しないでとは言いません。ただ、最後まで、自分は自分の味方であってください。 仲間は必要ない。自分が自分を愛しているのならばかまわない。そんな考え方を 脳の隅っこのほうでいいのでちょっとでも覚えてほしいです。 燦が、最後まで自分は自分の味方であってほしいと言っていた…と。

  • アイコン「匿名」
    匿名さん

    今、笑い話にでもなると思ったことをお母さんに伝えた。 怒られた。 お母さんは昔から冗談が通じないとか、言葉を鵜呑みにするって言われてるらしくて、自覚してるみたい。 じゃあ直せばいいのに 直そうとする姿勢がまるで見えない。 今私は熱は無いけど喉に違和感もあるし、咳も出るし、頭はめちゃくちゃ痛いし、少しの音を聞いただけで頭が痛くなって倒れそうになる。 昨日まで頭痛いだけ伝えてた、 むりにわらってた。 はなすだけでいたい、。 怒られたとき頭に響いて思わず「ちょっ、」って言って頭を抑えちゃった。 お母さんもほんの一瞬だけピクっとした。 でも、結局最後に「人のせいにしない。」 ってうざったらしく言われた。 「人のせいって何?ほんとだから。」 って言った、「絶対嘘。私気づくもん」って。証拠も根拠もないくせに子供じゃなく自分を信じるんだ。実の子はすぐ疑うくせに自分自身はなんの疑いもなくし信じるんだ。 頭にも響いたし心にまた傷が入った。 ひどいよ、

  • アイコン「匿名」
    あんな使い

    お父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死ん

  • アイコン「匿名」
    あんな使い

    お父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死んでお父さん早く死ん

  • アイコン「匿名」

    煽って、愚痴って、悪口、暴力。 何が楽しいんだい?

  • アイコン「匿名」
    谷賀

    精神病の母のために、進学を諦め、働きだしてもうすぐ20年。 就職したての頃「実家に3万も入れてる」そう言う友人を尻目に、自分の給料は全て生活費へ。 少ない給料からコツコツ貯めていた貯金も「生活費が足りないから」とすべて使われた。 祖父が生きている頃は祖父に甘やかされ、すぐお金を渡す祖母もいるから母はお金のありがたみもろくにわからないまま、 ワガママで自己中で、それでいて精神的に非常にもろい、とんでもないモンスターになってしまった。 恋愛体質である母は、父と離婚後も男性と交際することも多々あった。 それはむしろ私には喜ばしい事、自分の手から離れてくれるとずっと応援してきた…が、 そのかまってちゃんでワガママな性格のせいか、優しくしてくるのはモラハラ男やダメ男、 もちろんうまくいかずこちらにまで飛び火。 普通の人と知り合えたかと思いきや、母の面倒くささに気づかれ逃げられる。 ちょっとうまくいってるかと思えば、気持ちを察してくれないだのケチだのと、お姫様扱いしてくれないことに不満をもらす。 いくつだよ、もうすぐ還暦だろうが。 母一人、子一人で、母を引き取ってくれる稀有な方も現れないため、自分がいなきゃ母は生活できない。 ずっと憧れていた一人暮らしもまだ実現できない。 もう私40近いんだけどな。 彼氏と結婚だって考えたい。でも彼氏に母のことをうまく言い出せない。 「彼氏と結婚していいよ。お母さん置いてっていいよ」そう言うけど、出来たらもうとっくに出て行ってます。 どう生活していくかも自分で考えられない癖に良い人ぶるのは本当にやめて。 私の人生は母がいなくなるまで始まりません。 でも、ここまで言っても母なりに私を可愛がってくれたことは重々わかっているのです。 毒親だとも思います。人から見てもそう思われるでしょう。 ですが、暴力を振るわれたこともなく、ごはんを与えられないことなんてあるわけもなく、むしろ母の分まで分けてくれていましたし、やっぱり母の作る料理が一番おいしいのです。 必要な物も与えてくれました。友達や彼氏との付き合いを制限されたこともありません。 親が食べ物を与えない、暴力を加える、暴言を吐く、放置する…そんな経験をされた方からすれば 「何を贅沢なことを言っているのか」と思われるでしょう。 それでも私は辛いのです。 いつか自由になりたいともがいています。 だらだらと書いてごめんなさい。落書きだと思われてもいいからどこかに吐き出したかった。 辿り着いたこの掲示板で、少しでも気持ちがわかると思ってくれる人がいたら嬉しい。

  • アイコン「匿名」
    深水

    俺普通になりたいって言っただけなのに。 これ普通のことよね?? なのになんでわがままとかお姫様か、とか言われんといかんわけ? 俺の今までの辛さとか苦労とか知ってほしい。 って言ったらまたわがままとか言われるんやろなあ。

  • アイコン「匿名」
    匿名

    遠くへ消えるように逃げれたら楽だろうな……

  • アイコン「匿名」
    ちゃーくん。

    僕には「仲間」を持った自覚があまりない。 でも、こんな僕にも『gedokun』の住人は 共感やエールを送ってくれる。 本当にありがとう! 僕の、、心のよりどころです

  • アイコン「匿名」
    ちゃーくん。

    「ああ、やっと言えたこれは絶対嘘じゃない『クソくらえ!」 ※母親に向けてです。

  • アイコン「匿名」
    ちゃーくん。

    YouTubeで「ハロー!ガチャガチャch」って調べてみて。 僕に共感をくれた唯一の救い人。 この投稿を見てる人も、共感出来るはず・・・

  • アイコン「匿名」
    ちゃーくん。

    他人=ほかのひと。 自分以外の人。  ほらww 親も所詮は「他人」じゃん。 なにが「他人じゃないでしょ‼ 分かったらいうこと聞きなさい」だwww

  • アイコン「匿名」
    ちゃーくん。

    僕の人生は、母親の胎内にいるときから終わっていたんだろう。

  • アイコン「匿名」
    ちゃーくん。

    「期待」をされて嬉しかった。 ただ、その期待に応えられなかった僕が一番この世で憎い。

  • アイコン「匿名」
    ちゃーくん。

    愛されたかった。 誰かに「僕」という存在を見て、認めてほしかった。 …ただそれだけ。

非表示機能について

gedokunは「みんなでつくる居場所」です。 「見たくないな」という投稿には、非表示ボタン(目のアイコン)を押すと、あなたには表示されなくなります。非表示が多く溜まりすぎたものはサイトから消えるかもしれません。